6/9のデイトレ損益 ちょい勝ち

先物 取引無し
現物 +9千円

先物は、システムにサインが一度も点灯せず参入見送り。
自分の決めたルールで取引無しなら、相場観で参入してはいけない。
こういう時に相場観で参入すると、えてして負けるもの。
ちなみに、現物はSQで偏った注文が寄りに入った銘柄を少しだけ取引しました。

本日の相場
コミー証言通過で米株小じっかりも、UK総選挙で保守党過半数割れ報道受け、寄り直後は重い。
しかし、ブレグジットや米大統領選の教訓からか下値叩く動き限定的で、前場半ばには米株先物・為替しっかりとなり国内株も連れ高。
それでも、ソフトバンク大幅高受け225はしっかりも、TOPIXは戻り切らず。
買い一巡後徐々に伸び悩み、TOPIX先物、JPXは引けにかけ再度マイ転。
結局225は何とかプラス圏キープも、TOPIX先物はマイナス圏で大引け。

本日のひとこと
日計りマンがシステム売買を行っているのは、やむを得ない理由によります。
要は、相場観に基づく取引では結果が伴わなかったからです。
そこで、独自にシステムを構築し何とか生き残っている状況です。
こうした経緯から、システムにサインが点灯しなければ参入しません。
ストックではなくフローで勝負している以上、勝負に参入しなければ果実は得られませんが、逆に負けては元もこうもありません。
我慢も必要ですし、休むも相場です。

スポンサーリンク

フォローする